糖尿病の食事

genmai250

糖尿病は発症してしまったら完治することのできない病気です。

糖尿病になったら糖尿病と一生付き合っていかなければならないのです。

糖尿病とは血糖値が高くなってしまう病気です。

インスリンの作用不足でブドウ糖が使われないことが原因です。

では糖尿病になってしまったらどうしたらよいのでしょうか。

身近なところでも出来ることがあるのです。

それは食事療法です。

どか食いやまとめ食いを控え、受容体の働きをよくすることによってインスリンが作用するようになります。

インスリンが働くような食事を心がければ、ブドウ糖が十分に使われるので、高血糖になるのを防ぐことができます。

そして、それは肝臓に負担をかけないことにもつながるのです。

糖尿病の治療をしている場合でも、この食事療法が効果的です。

むしろ食事療法をすることによって薬の効果をよりよくすることができるのです。

食事療法には、食べる量と食べ方に注意する必要があります。

朝食を抜いたり、どか食いをしてしまうと、インスリンが一度に大量に必要になってしまうため、
肝臓に負担がかかってしまいます。

1日3食を規則正しく食べることが重要です。

 

 

コメントを受け付けておりません。