糖尿病の症状

糖尿病の症状というのは、最初のうちは自覚症状がないために、普段の生活の中で気づくことが難しく、健康診断などで初めて発覚するというケースがあります。

糖尿病の症状は見過ごされやすいので、注意が必要です。

まず、たくさんのブドウ糖を排出するために尿の量が増え、体の水分がなくなることによって喉が渇いたり、尿の量や回数が増えます。

次に、食事をとってもブドウ糖が正常に使われず、エネルギー不足になってしまうことにより、
いくらご飯を食べても太らない。

そして、インスリンの作用不足でブドウ糖が使われず、活動するためのエネルギーが不足することによって、全身がだるかったり、疲れやすくなったりします。

このような症状に覚えはありませんか?

 

痛みのある症状ではないために、治療をしたほうがよいと言われたとしても実際に治療をしない人が多いのが現状です。

糖尿病の治療を受けないがために、合併症を引き起こしてしまうことがあります。

この合併症を引き起こしてしまうことが一番の問題なのです。

もし、少しでもあてはまるものがあったら、もしかしたら糖尿病なのではないか、と一度検査を受けてみたほうがよいでしょう。

 

 

コメントを受け付けておりません。