糖尿病と合併症

治療をせずに糖尿病を放っておくと合併症を引き起こしてしまいます。

この合併症がとても怖いのです。

合併症とは、糖尿病がもとで起こってしまう他の症状や病気のことです。

 

糖尿病特有の3大合併症があります。

1つ目は糖尿病神経障害です。

これは一番早く出てくる合併症です。

手や足が痺れたり、怪我等の痛みに気づきにくくなったり、
自律神経障害の症状が出たりします。

 

2つ目は糖尿病網膜症です。

目の奥にある網膜にある血管が悪化し、視力が弱くなってしまいます。

白内障になってしまったり、最悪の場合は失明してしまう恐れもあります。

 

そして3つ目は糖尿病腎症です。

腎臓にある糸球体の毛細血管が悪化し、おしっこを生成することができなくなります。

そうなってしまうと、
人工透析という、血液の不要成分をろ過させる機械でおしっこを作らなくてはなりません。

定期的に透析を受けなければならないので、普段の生活に大きく影響してきます。

糖尿病が原因で人工透析を受けるようになった人はとても多いのです。

 

合併症は、糖尿病と診断されてから10~15年の間に発症すると言われています。

糖尿病と診断されたら、しっかりとした治療を受ける必要があります。

 

 

コメントを受け付けておりません。