糖尿病と血糖値の関係

糖尿病と血糖値はどのように関係しているのでしょうか。

血液の中にあるブドウ糖の濃度を「血糖値」といい、
糖尿病とは、慢性的に血糖値が高い状態をいう病気のことです。

インスリンの作用不足でブドウ糖が使われないことが
原因で発症してしまいます。

 

血糖値をコントロールするために、食事で必要以上のエネルギーを摂取しないことが
有効な手段の一つです。

たくさんエネルギーを摂取してしまうと、消化するのは難しいです。

必要な分だけエネルギーを摂取すれば、
血糖値のコントロールが楽になります。

また、血糖値が上がってしまう原因となる砂糖やブドウ糖が入っていないものを食べるのが良いです。

甘いものにはブドウ糖や砂糖が入っているので控えたほうがよいです。

そして、野菜にたくさん含まれる食物繊維は、食事をした後、
血糖値がいきなり上昇してしまうのを抑制してくれると言われています。

 

また、妊娠をしているときに、一時的に
糖尿病が発症してしまうこともあるそうです。

普段の食事から血糖値が上がらないようなものを食べれば、
糖尿病になるのを防ぐことが出来るので、意識してみるとよいでしょう。

 

 

コメントを受け付けておりません。